プロテインシェーカーのメリットや使い方を徹底解説!

筋トレやトレーニングを始めたばかりの方、もしくは美容健康目的でプロテインに興味を持ち始めた方には、

・プロテインシェーカーは買ったほうがいいのか?
・そもそもプロテインシェーカーはどうやって使えばいいのか?

といった疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

プロテインシェーカーはこれから定期的にプロテインを摂取するのであれば、購入した方が良いです。
本記事ではプロテインシェーカーのメリット選び方、使い方、そして効果的なプロテインの飲み方などについて解説したいと思います。

これを読めば、初心者の方でもプロテインシェーカーを使って効率的にプロテインを摂取することが出来ますので、是非参考にしていただければと思います。

1. プロテインシェーカーのメリット

プロテインを摂取する際、シェーカーを使わず、コップに水を入れたマドラーなどで混ぜるだけでは中々全て溶かすことは難しく、どうしてもダマになってしまいます。そのため、プロテインにはシェーカーが必須となってくるのですが、そんなプロテインシェーカーのメリットをいくつかご紹介します。

混ぜやすい(ダマになりにくい)

一番のメリットはやはり、簡単に/素早くプロテインを水に溶かすことが出来ることです。最近のプロテインはかなり溶けやすくなりましたが、ブランドや原材料によってはダマになりやすいものも存在します。それでもシェーカーさえあれば、どんなプロテインでも特別な力を必要とせず、混ぜることが出来ます。

持ち運びが出来る

ジムに行く際に、プロテインをシェーカーに予め入れておくことで、外出時でもプロテインを作ることが出来ます。また、飲むときに水や牛乳を用意すればいいので、冷えた状態で飲むことも出来ます。

作ったらすぐに飲める

シェーカーはプロテインを溶かしたら、そのまま飲むことが出来ます。プロテインのゴールデンタイムは運動後の30分と言われているので、シェーカーがあれば効果的なタイミングでプロテインを摂取できます。

目盛りが付いている

シェーカーには目盛りが付いていることが多いので、水や牛乳の分量をその都度測る必要がありません。朝の忙しい時間や外出時には非常に便利です。

 

2. プロテインシェーカーの選び方

プロテインシェーカーはたくさんのブランドがあるため、どれを買えばいいか迷うかもしれません。そんなときには今から挙げるポイントを押さえて、自分に合ったプロテインシェーカーを見つけましょう。

密閉性

シェーカーを強く降った際に液体がこぼれてこないものを選びましょう。特に飲み口にフタがついているものは、しっかりと抑えて振らないとこぼれ出てくるケースもあるので、実物を確認するか、商品レビューなどをしっかり確認しましょう。

飲みやすさ

飲み口が小さいものを選びましょう。飲み口が大きいと飲んだ際に口が汚れてしまいます。また、フタを取り外して飲むタイプのものは、取り外した際にフタから液体が垂れてしまいケースもあるので注意した方が良いです。

洗いやすい形状

シンプルな構造で洗いやすいものを選びましょう。ダマを防ぐボールやメッシュが付属されているものは溶けやすい反面、構造が細かいものはスポンジが細部まで届かず、洗いにくいケースがあるので注意が必要です。

容量

容量は自分の利用スタイルに合わせて選びましょう。選択肢としては300ml~800mlの商品が多いです。
ジムなどで水分補給として利用する場合は800mlなどの大きめのサイズを、自宅で利用する場合は500mlなどの中くらいのサイズを選ぶなど、自分の利用シーンを想定して容量は決めましょう。

 

3. プロテインシェーカーの使い方

①冷たい水や牛乳を用意

混ぜる液体は出来るだけ冷たい水か牛乳を用意しましょう。暖かい液体はホエイプロテインなどの場合、混ぜると変性しかえってダマが残る可能性があるので避けた方が良いです。

牛乳と水どっちがよい?
水と牛乳のどちらがいいか迷うかもしれませんが、それぞれの特徴を元に自分に合った方を使いましょう!

<水の特徴>
吸収が速い、ゼロカロリー、低コスト

<牛乳の特徴>
美味しい、吸収がゆっくり、栄養豊富、ややコストがかかる

②液体を先に入れる

プロテインを入れる前に先に液体を入れましょう。プロテインを先に入れると下に溜まってダマになりやすいからです。後から液体を入れると飛び跳ねてこぼれたりするのでそのストレスを防止するといった意味合いもあります。

③飲んだ後はすぐに洗う

飲んだ後に放置してしまうと、タンパク質特有のにおいを発出しますので、飲んだらすぐに洗うようにしましょう。ジムなどの外出時の場合は、水洗いだけでもすると良いでしょう。

 

4. 効率的にプロテインを摂取する方法

摂取タイミングは運動後30分以内がベスト

運動後の30分は筋肉回復のゴールデンタイムと言われています。このタイミングでプロテインを摂ることで、傷ついた筋繊維を修復する栄養素としてタンパク質を欲するので、吸収が良くなります。
また、運動後以外では就寝の前後も推奨されています。睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、身体の修復を行いますが、この成長ホルモンはタンパク質からも生成されているのです。

一回の摂取量は約20~30gが目安

一回の食事やプロテイン摂取では、20~30gを目安としましょう。タンパク質は肝臓が分解できる上限が決まっているため、摂取しすぎると肝臓に負担がかかり、さらには栄養として吸収できなかった分は脂肪として蓄積してしまう可能性もあります。

普段の食事もしっかり摂る

1日に必要なエネルギーが不足していると、プロテインを飲んでも摂取したタンパク質がただのエネルギーとして消費されてしまいます。そのため、プロテインでトレーニングの補助を目指す際は、普段の食事も十分に確保しましょう。

 

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここまでプロテインシェーカーのメリットや、選び方、さらにはプロテインの効果的な飲み方について説明しました。

プロテインシェーカーがあれば、より快適なトレーニングライフをスタートすることが出来るかと思います。
これを機に皆様が少しでもトレーニングや筋トレに興味を持っていただき、健康になることを願っております。

 

 

【無料カウンセリング】実施中!

本ブログを運営するMEDiGYMでは、無料カウンセリングを実施しております!

昭和大学豊洲江東病院と連携し、ウィルス対策も万全を期しておりますのでご安心ください。

費用面で不安がある方も、分割払いなども可能ですのでお気軽にご連絡いただければと思います。

医師・トレーナーがあなたを完全サポート!
満足度90%b以上の5,000円/1回の体験トレーニング実施中